topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクター 三度雪の比叡山へ その二 - 2012.03.06 Tue

 テレビアンテナ施設があるところまでやって来たおっちゃんとオクター。(後日改めて地図を調べてみると、当初目的としていた登山道ではなく、違う道に入っていたが故に、テレビアンテナ施設へ出たことが判明しました。(前回記事に注記しました。)地図読みが大変ヘボく、申し訳ありませんでした。)ここから、ケーブル坂本方面へと向かうルートへと進んでいったのですが、このルートが思った以上にしんどいことに、おっちゃんはまだこの時は気づいていませんでした。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村


  テレビアンテナの先には、精華大学の施設があり、(叡山閣という名前だったので大学の施設名としては珍しいなと調べてみると、以前は比叡山ホテル(現ロテルド比叡)の和風別館だったらしく、そこを大学が買い取って改修したということのようです。)その建物のすぐ近くには、とんでもなくどでかい杉の木、その名も一本杉というのがありました。

 一本杉を過ぎると、駐車場があり、展望台を兼ねた形で非常に眺望が良くなっていました。比叡平や京都市街の南側がよく見えました。

 ここから、東海自然歩道に入らなければいけないのですが、比叡山ドライブウェイがあり、車道は歩行禁止なので、ロテルド比叡に向かう為の歩行者道路を歩いて行きます。ちょっとわかりにくいですが料金所の東側、ロテルド比叡入り口の北側に、自然歩道へ入れる道があります。ここをどんどん進んでいきます。

 雪道だったこともあると思うのですが歩くペースが予定より遅くなっており、あまりのんびりしていると家に戻るまでにかなり遅くなるなと思い、急ぎ気味で歩いたのですが、このケーブル坂本まで至る登山道は、アンテナあたりで見た時は、大比叡は近くに見えたけど、実際にはごっつ遠いなあと思う延々と続く水平的移動と、せっかく登ったのに、ここまで降りますかという下り、そして、下ったのにまた登るんかいなという登りが何度も続くという、おっさんの心をへし折るハードな道で、辨天堂に着き、そこからまた鬼のようにある階段をヒーヒー言いながら登ってケーブル延暦寺駅に着いた頃には、もうすっかり疲れ切っていました。

 しかし、疲れたからといってここからケーブルに乗って滋賀県側から帰ることもできません。なぜなら犬であるオクターは、ケーブルや電車に乗れないからです。「盲導犬候補パピーで、そこそこ賢く言うことも聞くんやし、日本でも訓練の為に電車とかバスとかに乗せてくれたらええのに・・・。」(ちなみに海外では、盲導犬候補パピーは訓練の為、公共の乗り物に乗れるらしいです。)などと思いつつ、ケーブル駅裏で少し遅目の昼食を摂りました。

 出る前にも食べたチャーハンを、めんどくさいからとタッパーに詰めただけの弁当だったのですが、これが大失敗。冷え切った冬の寒空でつべたくなったチャーハンは、脂質が固まってしまってすこぶるのどごし悪く、またつべたすぎて美味しくないという有様・・・。しかし、パワー回復のため、熱いお茶でごまかしごまかし、なんとか詰め込みます。

 この間、待っていたオクターは、ケーブル駅に来ていた人達に、「かわいいなあ。」「大きいなあ。」等と言ってもらったり、ナデナデして貰ったりしてゴキゲンさんでした。

 ということで、休憩もそこそこに、すぐまた出発し、延暦寺内を通って大比叡へと登っていきます。この登りもまたきつかったですが、ここは以前も通ったことがあり、また、ここをクリアすれば後は降りていくだけという精神的な楽さもあって何とか大比叡山頂へと到着。

 ここからは、家まで降りていくだけ。よーし、頑張って歩きまっせと思いつつ、結構な積雪にはしゃぐオクターと一緒に遊んでいたおっさんに、ここで恐ろしいアクシデントが発生したのでした。

 下り坂にあった新雪の下に隠れていたアイスバーンに滑り、もうびっくりするほど綺麗に背中からコケたのです。コケた後、ちょっと息ができないくらい、おもいっきりコケました。

 しばらくコケたまま、うーんと唸っていたおっさん、「あ!背中からコケたけど、ザックの中身は大丈夫やろか!!!なんかおもいっきり背中に水筒が当たったような気もするで!」と思い、ザックを開けてみると・・・、愛用していた魔法瓶山専ボトルが、無残にもぺっこり凹んでいるではありませんか・・・。まさに一点をクリーンヒットしたようで、不運としか言いようがありません。

 「くそー、買い替えか・・・。」と悲しんだおっさんでしたが、ダメ元でぐいっと凹んだところを直すべく指で挟んでみると、「ペコン」という音を立てて、少し凹んだ事はわかる状態なものの、元に戻ったのでした。これで真空部分に支障がなければ、まだ使えるなと思った訳ですが、幸い問題はなかったようで、その後も保温機能などに支障なく使えている次第です。うーん、中々丈夫やな、サーモス山専ボトルFEK-800。



 そして、幸い体の方もなんともなく、比叡山頂駐車場へと到着したのでした。



 
IMG_4761.jpg
比叡山頂駐車場から見えた大原方面
この写真ミニチュア写真モードで撮ったんですが
あまりミニチュアっぽくなってませんね・・・










IMG_4763.jpg
夕方前の日差しが当たって綺麗でした










IMG_4764.jpg
そして、時にまたまた雪雲が・・・




 
 で、ここでオクターの凍結ひげの写真も撮りました。





IMG_4768.jpg
雪の中で遊んでいると
ひげに雪がついて、それが時間が経つに連れ
凍ってカチカチになるのです










IMG_4766.jpg
非常に寒々しい感じなんで、気づいた時には取ってやります
取る時の感触がパリパリパキパキという感じで
中々気持ち良かったりします










IMG_4767.jpg
ぬおーん
どうですワンか?
僕の凍りひげ





 そんなこんなしているうちに、結構夕方になって来ました。ペースを上げて降りて行かないと、すっかり暗くなってしまいそうです。ということでがっつりペースを上げ、膝が笑うのも、ガラスの膝が崩壊しそうになるのも気にせず、結構なスピードで山を降り始めました。

 登山道が南や西面になったこともあり、積雪が少なくなったりなかったりしたことや、比較的ガラスの膝やおっさんの肉体が崩壊しなかったことも幸いしてペースがあまり落ちなかったために、下山中には暗くなることはありませんでしたが、家に着く頃には、すっかり夜といっていい感じの暗さになっていました。

 雪の登山道、やはり侮ってはいけないですね。更には、ちゃんとコースや所要時間も熟慮する必要がありました。ヘボい地図読みも含め、また、己の甘さを露呈する山歩きになってしまいました。

 なお、雪道は冬用防水トレッキングズボンと、KEENピレニーズで、濡れることもなく快適に歩けました。特にピレニーズの防水性能は優秀で、時に20センチ程の積雪の中を歩き、外側はがっつり濡れ、雪がこびりついていましたが、中は濡れることもなく快適そのものでした。そう言うと、最初固くて足にあたって痛かった事もあったのですが、今では足にすっかり馴染んできて痛くなることもなくなり、相変わらずフィット感は抜群で、こちらも快調です。

【Mens】 キーン 1227 PYRENEE...

【Mens】 キーン 1227 PYRENEE...
価格:14,553円(税込、送料別)

    


 ということで、雪の比叡山は非常に綺麗で、オクターともいっぱい一緒に歩けたし、時に一緒に遊びもできたんで楽しめました。かなり歩いて疲れ切ったおっさんとオクター、この日の夜は早めに、ぐっすり眠りについたのでした。
犬 ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ

クリックのご協力、よろしくお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://octer.blog.fc2.com/tb.php/105-14d7e332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オクター ドライアイスに大喜びする «  | BLOG TOP |  » オクター 三度雪の比叡山へ その一

最近の記事+コメント

ランキング

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

オクター日誌 (157)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

プロフィール

飛んでるおっさん

Author:飛んでるおっさん
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。