topimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクター大きくなる - 2012.04.23 Mon

 昨夏、琵琶湖に行った時には、メチャクチャビビっていたオクター。しかし、先日の再びの琵琶湖行きでは、水中で足が届かなくなる恐怖はあったようですが、昨夏ほどビビるまでには至っていないようでした。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓



にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ


 昨夏のオクターの様子(動画他)はこちらから ↓

http://octer.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

http://octer.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

http://octer.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
 
 上記を見てみると確かに今回は、天気が穏やかで波もほとんど無く、足がつくところまで水に入った訳でもなく、条件があまりにも違うとも言えますが、何が大きく違うかというと、「自分(オクター)の意思で、自ら水に入っていっている。」という事かと思います。

 昨夏の場合は、ビビりまくりで基本的には悪のおっさんが無理やり水につけるという形だったのですが、今回オクターは、おっさんが意地悪くも、オクターがかぶっていた枝などを遠くの水面に投げ入れたため、それを取りたくて自ら入るとか、慣れてくると何もなくても、自分から嬉しそうに水に入ってはしゃぎまくるなどしていました。

 今回、それらを見て思ったのは、「自分達が思っていた以上に、オクターは大きくなっていても、ついこの間までは精神的には全然子供だったんだなあ・・・。」ということでした。

 散歩デビューしてしばらくの間、怖くて一歩も動けなかったのも、歩道橋を登れなかったのも、川にあった飛び石を、足がすくんで渡れなかったり、渡ったとしても全く上手く渡れなかったりしたのも、そして、川で泳ぐことが出来なかったのも、琵琶湖で波にビビったのも、すべて、子供で、経験値がとてつもなく足りないが故の恐怖ゆえだったのだなということを、犬の赤ちゃんを育てたのが初めてだった僕らは、かなり後になった最近になってヒシヒシと認識したのでした。

 そして、それがもっと早い時点で確信を持って認識できていれば、オクターに無駄なプレッシャーを与えることなく、余裕しゃくしゃくで、オクターの成長ぶりを、もっと焦らず楽しく見てやることができたのになと、反省をしたのでした。

 しかし、そんな中でもオクターは、上記の問題などの多くを、うまい具合に克服し、体も心も大きく成長しました。相変わらずのビビリとはいえ、そのビビり度は著しく低減し、良いように言えば「慎重である。」ともいえるような状態になりました。

 それを今回の琵琶湖行きで確認し、おじさんは心から、「オクター、ホンマ大きなったなあ・・・。」とそう思ったのでした。

 そしてもう一つ、「ああ、おっさんも水に入れるような季節なら、一緒にまた泳いだのになあ・・・。今度泳げたら、前みたいやなくて楽しかったやろなあ。けど、もう帰ってまうからでけへんな・・・。」とそう思い、またちょっと悲しくなってしまったのでした。
犬 ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ

クリックのご協力、よろしくお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://octer.blog.fc2.com/tb.php/132-ea5ac90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オクター変なお手々で寝る «  | BLOG TOP |  » オクター琵琶湖へ行く おばちゃん撮影編 2

最近の記事+コメント

ランキング

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

オクター日誌 (157)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

プロフィール

飛んでるおっさん

Author:飛んでるおっさん
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。