topimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばちゃん、激しく悲しみ始める - 2012.04.29 Sun

 オクターが帰るまで既に3週間を切ったこの頃、おばちゃんの悲しみ具合が半端ではなくなってきました・・・。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓



にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ


 オクターが来たその日から、いや、もしかするとオクターが来る前から、既に別れの日に耐えられるかどうかビビりつつ、そしてオクターが来てからというもの、日々居なくなった時の事を想像し、悲しみのシミュレーションを行っていたアホなおばちゃん・・・。

 オクターが来て、数か月を過ぎた頃からは、毎日のように「かわいいなあ。」とアホのように繰り返すセリフに「後○ヶ月で帰ってしまうんやなあ・・・。」というのが加わり、それが残り3ヶ月位を切り始めると、「もう帰ってしまうんやなあ・・・。寂しいなあ。」というものに変わりました。

 それが、おっさんも含めて家族全員がひしひしとその日を感じ始めた残り1ヶ月くらいから、おばちゃんのいつものセリフが少なくなってきたのです。

 おっさんは、「遂におばちゃんが本格的に悲しみ始める時がやってきたな・・・。」とそう思ったのですが、果たしておばちゃんは、若干元気がなくなり、そして時に、オクターまでもが元気なくなるんちゃうやろかと思う位、嘆き悲しみ始めたのでした。

 「最初から一時期預かるという形で来てるんやから、それをしっかり認識した上でやらんといかん!!」と、口ずっぱで言っていたはずですし、おばちゃん自身も、そうでなければいけないと認識はしていたはずなのですが、やはりおばちゃんには、ある程度割切るというレベルすらも、かなり難しかったようです。

 そんな訳で、せめてオクターが帰るまでのしばらくの間と、GW休み期間中と帰る日までについては、出来る限りオクターと一緒の時間を取るべく、休みの調整をしたり、予定を全てオクターにあけているおばちゃんだったりするのですが、それがいなくなった時に新たな反動となっておばちゃんを襲うのではなかろうかと、おっさんは少しそんな風に思ったりもしていたりするのです。

 ま、そんなことをいっているおっさんもまた、オクターがいなくなってしまうという事を、受け入れたくないなあと、その日が一日一日近づいてくる毎に、思ったりしているのですが・・・。

 ただオクターが、そんな風におっちゃんおばちゃんが思っていることも知らないで、いつも通りのほほんとして、楽しげにうへうへしていたりするのだけが救いだったりする今日この頃です。

犬 ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ
入れ込みすぎると、より別れがしんどくなるでと思ったら  
クリックのご協力、よろしくお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://octer.blog.fc2.com/tb.php/135-e3823a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オクター 衝撃の事実を知る «  | BLOG TOP |  » オクター目薬をさす

最近の記事+コメント

ランキング

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

オクター日誌 (157)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

プロフィール

飛んでるおっさん

Author:飛んでるおっさん
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。