topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうオクター。頑張れよ - 2012.11.08 Thu

 念願の、念願のオクターとの再会がかないました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓



にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ


 オクターに会えると知った日から、日に日にその日を楽しみにしてきたおっちゃん、そしておばちゃん。数日前からは楽しみで楽しみでしょうがなくなり、そして前日には遠足に行く前の日の小学生のように、目覚ましがなる前にシャキーンと目覚めたりしたのでした。

 そして遂に、オクターに久々に会える時がやって来ました。

 早めに行ったうちの家族は、オクター受け渡しの場所に早々に陣取り、その瞬間を待ちます。そして受け渡しの時間、担当の方が犬の名前を聞き、おっちゃんが持っていったリードと首輪を手に、犬舎へと向かわれました。

 そして、あの懐かしいあいつがやって来ました。けれど、オクターは、訓練士さんが散歩にでも連れて行ってくれると思っていたのか、まとわりついて嬉しそうで、最初こちらに気づきません。

 更に、少し顔が変わっているようなきがして、おっちゃんサイドも、最初「ん!?お前がオクターか?」などと思ってしまう始末。

 しかし、「オクター?」と呼びかけるおっちゃんおばちゃんに、「ぬおっ!?」といつものようにこっちを向くオクター。やはりその犬がオクターです。「ぬお!?」の後、「んん!?」といった感じで少し戸惑ったオクターでしたが、すぐに尻尾を振ってこちらにやって来ました。

 「オクターっ!!元気そうやな。」と叫びつつオクターを撫でるおっちゃんおばちゃん。不覚にもおっちゃん、あまりの懐かしさに少し涙してしまいました。

 その後、もう一人のおっちゃんにも撫でてもらって、激しく興奮するオクター。しかし、前のようなだわんアタックや、ぺろりんチャンスなどはありません。訓練してもらってより賢くなったようです。

 担当訓練士の方には、「かなり落ち着いていて、訓練がやりやすいです。」と褒めてもらっていました。

 ただ、そんなより賢くなっておとなしく、より大人になったオクターを見て、少し寂しくなるうちの人々・・・。「ああ、ええことやけどすっかりオクターは、うちにいた時の犬ではなくて、盲導犬になるための訓練犬になって、ここで楽しくやってるんやな。」とそう思ったのでした。

 そして、「もう長い時間触れ合えるのも今日だけやろし、一日好き放題遊んでそれでアホになるようであれば、元から盲導犬にはなれんやろ。」という勝手な判断の元、(協会の方々、勝手な判断をして申し訳ありません。)おっちゃんの、「オクターワルワル遊び連発祭り」が開催されたのでした。

 オクターが嫌がるほどの過剰なスキンシップ、そして、オクターを興奮させてダッシュしまくるように仕向ける「シャー遊び」、往年の仰向け抱っこ、好き勝手な散歩、そして甘やかしと、悪の限りを尽くして触れ合いまくり、オクターとの時間は、あっという間に過ぎていったのでした。

 その間、銅像移転の除幕式、盲導犬訓練の様子、犬舎見学、ビンゴゲームなどの催しがあり、犬舎見学ではオクターがいつもどんなところで生活しているのかが見れて良かったですし、また、ビンゴゲームでは、くじ運の悪いうちの家族が、珍しく全員何がしかを当てるということもあったりしました。ちなみにおっちゃんは写真立てをもらいました。もう一人のおっちゃんは、ティッシュをもらっていました。ありがとうございました。

 ちなみに、おばちゃんはビンゴカードにアホのように穴が開いているにもかかわらず、全く当たらないという、凄まじいくじ運の無さを披露し、周囲の方々までドン引きにさせていました。そして、6面待ちリーチというありえない当たらなさを発揮した後、遂にビンゴになり缶バッジをもらっていました。ありがとうございました。

 なお当日は、多くのパピーさんや、、オクターと兄弟犬のパピーウォーカーだった方々、そしてオクターのお父さん犬の繁殖犬ボランティアの方々、他様々なボランティアの方、そしてオクターパピー担当のスタッフさんや訓練士さん、協会のスタッフの方など、多くの方にオクター共々お声をかけて頂いたり、遊んで頂いたり、写真を撮って頂いたりしました。また、沢山の方に「ブログ読んでます。」ともお声がけ頂きました。皆様のお陰で、オクター共々大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。

 また、オクターが生まれたての赤ちゃんだった頃のエピソードを聞かせて下さった方もいらっしゃいました。

 赤ちゃんだった時のオクターは、兄弟の中でも弱っちく、いじめられキャラだったためにいつもカブラれたりしていたそうです。だからオクターの首についていた黒い紐は、かぶられてモケモケになっていたこと。そして、兄弟にかぶられるのを防ぐため、お母さん犬繁殖犬ボランティアの方が、いつも抱っこしてはブロックして下さっていた。だからオクターは抱っこが大好きなのかもしれませんね。と、そんなエピソードを聞かせて頂きました。

 「そやからお前、来た時の黒い紐、モケモケやったんか!ほんで、抱っこ大好きやから、仰向け抱っこまでが好きなんか!!!」とおっちゃんおばちゃん激しく納得した訳ですが、その話しを聞いて、初めてオクターを迎えに行った日に、お母さん犬繁殖犬ボランティアの方が、オクターの赤ちゃんの時の写真を下さり、更に温かい言葉をかけて下さったことを思い出しました。
 
 もしかすると、オクターは抱っこしないといけなかったり、目が離せなかったりで、他のパピー以上に今後は心配でもあったのではなかろうか?などとそんな風に思ったのでした。今回はお母さん犬が妊娠中という事で、お会いできずに残念でしたが、色々とありがとうございました。

 そんな訳で、あっという間に楽しい時間は過ぎていき、オクターが犬舎へ戻る時間がやって来ました。オクターはすっかり疲れてしまったようで、最後の方は仰向け抱っこでマジ寝したりと大変にお疲れの様子。久しぶりに子供の頃一緒にいた人達が来た上、沢山の仲間と存分に遊べたりしたこともあってハシャギ過ぎたのでしょう。

 帰りを待つ時には、担当訓練士さんがどこにいるか探している状態で、それをみたおっちゃんは、「当たり前の事やけど、もうすっかり協会の犬になったなあ。ちょっと寂しいけど、より賢くなったし、楽しそうに暮らせてもいそうやし、こうなったら最後まで頑張って、盲導犬になれよ。」と、すっかりさわやかな気持ちでそう思うことができたのでした。

 そしてオクターは、担当の訓練士さんを見つけるとぶんぶん尻尾を振って喜び、そしておっちゃんおばちゃんが別れを言いながら撫でた後は、修了式の時と同じように、振り返ることもなくスタスタと犬舎へと帰っていったのでした。

 それを見たおっちゃんは、「来て良かった。オクターとまた遊べたし、成長してより大人になって、新たな自分の居場所にすっかり順応したオクターを見れて、改めてしっかりと別れを言えることができるのも良かった。」とそう思ったのでした。そしてまた、これは元パピーウォーカーにパピーとしっかり別れを言えるためのイベントでもあるのではないかと、そんな風にも思ったのでした。

 協会のスタッフの方々、ありがとうございました。

 そして、この時の別れではおっちゃんは全く泣きませんでした。そして、そんなに悲しくもなりませんでした。オクターは新しい生活の場で楽しくやっているのです。これからも楽しくやってくれさえすれば、もうそれがオクターにとって一番いい事なのです。

 だから、おっちゃんはもう、うちにオクターがいないことで悲しんだりはしません。そして胸を張ってオクターにこう言うのです。

 「ありがとうオクター、そして、さようならオクター。訓練がんばれよ!」



追記: 実はこの日、たくさんのオクターの写真や動画を撮りました。

 最初久々にオクターを見た時も、半日オクターと一緒にいた間も、実はおっちゃんもおばちゃんは、オクターがそんなにメチャクチャ喜んでいないような気がしていました。しかし、それはおっちゃんとおばちゃんの勘違いで、オクターはしっかりとした訓練を受けていたが故に、すっかり賢く成長していて、以前のような喜び方をしなくなっただけだったのです。

 帰ってから写真や動画を見ると、最初にあった時のオクターは、あまりの喜びにどうしていいか分からず、飛びつくのはダメなので、しょうがないからみたいな感じで地団駄を踏んでいたりしました。おっちゃんもおばちゃんも、そんなに喜んでいるオクターが涙と己のテンションの上がり過ぎで、見えていなかったのです。

 そして、その後のオクターの写真を見ても、オクターは常に「エヘ顔」満開で笑っていました。そう、オクターは一緒にいたあいだ中、多分ずーっと僕達と同じように、喜んでくれていたのです。

 この時撮った写真はたくさんあるので、後日何回かに分けて、このブログで紹介しようと思っています。オクターのお父さんと撮った写真なんかもあります。

犬 ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ

クリックのご協力、よろしくお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://octer.blog.fc2.com/tb.php/153-edd8e7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ありがとうオクター。】

 念願の、念願のオクターとの再会がかないました。

今年中には・・・ «  | BLOG TOP |  » ありがとうございました

最近の記事+コメント

ランキング

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

オクター日誌 (157)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

プロフィール

飛んでるおっさん

Author:飛んでるおっさん
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。