topimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクター 山でコケる - 2012.02.23 Thu

 おっさん、オクターが山でコケるところを目撃しました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村


 一週間に一度は山に行こうキャンペーン継続中のその日は、マニアック登山道を歩こうというコンセプトの元、曼殊院から瓜生山へと向かい、波切不動明王へと降りるルートを取ってみることに。

 曼殊院から瓜生山へ向かう道がどうもよく分からないおっさん、今回も事前に地図を見て結構調べたにもかかわらず、結局また思いっきり間違えました。

 出発地点あたりの地図、マピオンより
http://www.mapion.co.jp/m/35.043555_135.806030555556_9/

 地図上の沢筋が林道になっているのですが、そこを通って行き、結局のところ地図通り行き止まりになり、そこから行けそうないい感じの道がなかったがため、正に獣が通ったと思われる踏み跡のある、激しい斜度のある獣道を、時に這いつくばり、時に滑落の恐怖と闘いながら、半ば無理やり上がって、なんとか尾根道まで出てみると、そこには登山道らしい道がありました。
 
 ちなみに、オクターはさすが4躯で低重心だけあって、こんな獣道でもなんの問題もなく、時にダッシュでグイグイ上がり、「まだ来ないワンか?」といった顔でお座りしながらおっさんを待ち、あまりのしんどさにおっさんが止まって休憩していると、ダッシュで戻ってきて「早く行くワンよ!」と促すくらいの元気さ。昔は怖さに足がすくんで来なかったこともあるのに、犬の成長というのは凄いですな・・・。

 さて、尾根道をしばらく歩くと、どうもマウンテンチャリが走っている様子が・・・。と、少しして果たしてマウンテンチャリが山を降りてきたのでした。

 「いやあ、この道を上がってくる人は珍しいです。」と声をかけてきた兄ちゃんと、この登山道の入口について話しをしてみると、どうやら出発地点あたりから南に伸びている道を、尾根伝いに上がってくるとこの道に出る様子。自分のあまりの道読みのしょぼさに己に腹が立ったおっさん、「もうこれは、帰りに同じ道を戻って確認するしかないな。」とそんな風に思ったのでした。

 なお、ここからはしっかりと瓜生山まで分かりやすい道が続いているので、迷うこともなく、瓜生山山頂に到着。ここからは以前歩いたこともあるので、狸谷不動院の36童子の何体かを見ながら、途中で北白川方面へと降りていく南への登山道を、白幽子巌居跡方面へと向かいます。

 このままこの道を降りていくと、北白川にあるバプテスト病院あたりに出ていくのですが、この道は以前に反対側から上がってきたことがあるので、波切不動明王方面へと降りることにして、
 
 その時の記事 ↓
 http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1190.html

 ちょうど白幽子巌居跡の少し上あたりから、西側に行く道へ曲がります。(後で気づいたのですが、白幽子巌居跡横からも同じ道に入れるようです。)この道の最初のあたりで、非常に落ち葉が多く、滑りやすい所があったのですが、ここでオクターがやらかしました。

 なんと、ズルッという大きな音をさせたかと思うと、見事なまでに豪快に横向けに滑り、横っ腹からどーんと地面に大ゴケしたのです。

 何事も無かったかのように、奴はすぐに起き上がってスタスタ歩いていったのですが、初めてコケるオクターを見たおっさんはもう大笑い。「オクター、コケたやん。いやあ~カッコ悪う~、カッコ悪う~。」と茶化しまくるおっさんに、オクターはちょっとだけ迷惑そうな顔をしているように見えました。ただその後、「お前うるさいねん!」と言わんばかりに、おっさんの静止も聞かず「どうや、僕こけへんやろ!」と言いたげに山道をダッシュしまくっていましたが・・・。

 その後、尾根をそのまま西側に進む道と、少し北側の右に曲がる2手に別れた道を、右に曲がってしばらく歩いて行くと、石川丈山のお墓へと出てきます。

 石川丈山は、詩仙堂に住んでいた武士・文人。墓は小高い山の上にあるのですが、ここから自分が住んだ詩仙堂や、京都の街を一望したかったのでしょうか・・・。ただ、今はあまり眺望は開けてはいませんが・・・。

 この後の道は、丈山のお墓への道ということもあってか非常に整備されていて、時に階段も設置されていたりして快適に歩けます。しばらく歩くと急に民家の横に出て、そこを少し下ると右側に波切不動明王が見えてきます。

 ここで、そんなに疲れてはいないなと思ったおっさん。再び同じ道を戻って、曼殊院へと正規のルートで戻る決心をしたのでした。

 という事で、波切不動明王からの復路については、
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1395.html
をご覧下さい。



<今回の山登りでのオクター画像>



s-IMG_4666.jpg
ふんふんふーん










s-IMG_4667.jpg
ふんふんふんふーん










s-IMG_4669.jpg
ぬお??










s-IMG_4670.jpg
どーもー
オクターでーす










s-IMG_4672.jpg
こりゃー!どこまで行くねーん!!










s-IMG_4697.jpg
うひょー、山大好きーー










s-IMG_4702.jpg
ぬふ~~










s-IMG_4703.jpg
まだ帰りたくないワンね~~










s-IMG_4659.jpg
といいつつ、帰って参りました・・・
なんだかんだで疲れました










s-IMG_4664.jpg
もうぐっすりですワン

ほな、またねー
おやすみー





 

  
 ◇サーモス・山専ボトルFEK-8...

 ◇サーモス・山専ボトルFEK-8...
価格:5,040円(税込、送料別)


  


犬 ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ

クリックのご協力、よろしくお願いします。 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://octer.blog.fc2.com/tb.php/99-25f27cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オクター 部屋で遊ぶ «  | BLOG TOP |  » オクター巡回を受ける

最近の記事+コメント

ランキング

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

オクター日誌 (157)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

プロフィール

飛んでるおっさん

Author:飛んでるおっさん
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。